山菜きつね蕎麦

昨日の夕食メニューは山菜きつね蕎麦とサラダ。シンプルなメニューです。


材料は乾麺の蕎麦、山菜詰め合わせ、きつね揚げ、ネギ、砂糖、みりん、粉末コンブだし、粉末カツオだし、麺つゆ。


山菜ときつね揚げは出来合いのものです。ですので、作るのはとっても簡単。



IMG_20171013_202703.jpg



少しネギが多すぎました。笑


つゆは関西風の薄味です。我ながら美味しくできました。駅の立ち食いソバに並ぶと思います。


蝦夷メバルの煮付け

昨日の夕食は蝦夷メバルの煮付けにしました。


午前に角上魚類生鮮市場に行き、今日の魚を物色していると23、4センチほどの蝦夷メバルが一尾350円でした。


煮付け用に3尾購入し、家に戻りウロコとエラ、ワタの取り出しを開始。



IMG_20171008_105809.jpg



蝦夷メバルはエラ蓋の先が鋭くなっています。エラ蓋の側面にもトゲっぽくなっているので、頭を掴みにくい。ヒレの先も鋭いし、歯も鋭い。なんだか全身武装している感じです。きっと海の中では最強だったのではないでしょうか。


素手で処理していましたが、軍手でもしたほうが良かったかもしれません。トゲのせいで下処理しにくかったので、調理バサミでヒレを切り落としました。


自分がメバルを煮付け用に処理するのが2回目という不慣れさもありますが、エラとワタの取り出しに少々苦戦しました。エラは結構強くついています。内臓も腹の横に切れ目を入れて掻き出そうとしたのですが、取り出しにくい。蝦夷メバルは外側だけでなく、内部も強い感じです。


苦闘の末、3尾とも処理完成。



IMG_20171008_120158.jpg



夕食時間になりましたので、調理開始。


煮付けは普通に水、酒、ミリン、醤油、砂糖。蝦夷メバルは事前にさっと湯通ししました。



IMG_20171008_183014.jpg



蝦夷メバルはおいしい魚だと思います。少し小骨がじゃまですが。


また、この日は海沿いをドライブし、生鮮魚市場で煮だこを購入しました。タコはそのまま切ったものと酢だこにしました。


酢だこの材料はタコ、キュウリ、乾燥ワカメ、飲んでもやさしい酢、砂糖少し。



IMG_20171008_183702.jpg



酢だこを作ったのは初めてですが、割とうまくできています。



今日の夕食は豪華メニューになりました。ビールがうまいです。



カレイの唐揚げ甘酢あんかけ

昨日の夕食はカレイの唐揚げ甘酢あんかけにしました。


午前中に角上生鮮市場で20センチ位のマガレイを2尾購入。1尾350円でした。


家に帰ってウロコを取り、背びれや尾びれのヌメリをこそげとります。


頭を落し、ワタを取り切り身に切り分けて冷蔵庫へ。


午後はのんびりと近場の丘にあるコスモスを見に行きました。


このあたりのコスモスは盛りを少し超えたようで、咲いている花は少し少な目。それでも残った花が目を楽しませてくれます。


IMG_20171001_144724.jpg


夕食の時間になりましたので調理開始。あんの材料は玉葱、人参、、ピーマン、酢、醤油、砂糖、中華だし、ケチャップ。


少しあんを作りすぎました。笑


IMG_20171001_183520.jpg


ビールを添えてさっそく頂きます。


カレイはふっくら柔らかくておいしいです。


人参が太過ぎ(笑)ですが、あんの味もうまくできました。


スポンサードリンク

スポンサードリンク
プロフィール

シュン

Author:シュン
バツイチ・シングルライフを気ままに綴ります。
出身地:新潟県
性別:男

カテゴリ
最新記事
リンク
最新コメント
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
訪問者
QRコード
QR